ひょんなことから、家族の仲間入りをした黒白猫二匹との日々。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年08月27日 (月) | 編集 |
去年の10月相次いで優太と花を拾ってしまったときに、家では二匹も猫を飼うことは出来ないと思いました。

そこで新潟のボランティア団体 

新潟動物ネットワーク (←ホームページはこちら)

に、どちらか一匹の里親捜しをお願いしようと相談してみました。

すったもんだの末、結局二匹とも家で飼うことになり、毎日楽しく生活できるのも、あの時親身になって相談にのってくださったスタッフの方のおかげだと思います。

その新潟動物ネットワークの代表の岡田朋子さんが、新潟日報に毎月2回エッセーを書いていらっしゃいます。

8月23日の掲載分でとても心に残った記事がありましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

「まっすぐな瞳の向こうに」 (←その他のエッセーはこちらからも読むことが出来ます。)

ー 以下 新潟日報掲載 「まっすぐな瞳の向こうに」より引用 ー

犬の十戒 (原作者は不明)犬の飼い主に向けたメッセージ

1 私の一生は15年ほどしかありません。わずかな時間も離れるのは辛いから、私を飼う前によく考えてください。

2 あなたが望むことを私が理解するには時間が必要です。

3 私を信頼してくれるだけで幸せです。

4 私に辛い罰を与えないでください。あなたは自分の世界があるでしょうけれど、私にはあなたしかいないのです。

5 私に話しかけてください。言葉はわからなくても私は理解できるのです。

6 あなたの扱いを私は決して忘れません。

7 私を叩く前に思い出してください。あなたの手を噛み砕く歯を持っていても、それを使わないことを。

8 私を叱る前に原因があなたにないか考えてみてください。

9 私が年をとってもお世話をしてください。あなたも同じように年をとるのです。

10 最期の旅立ちのときは側で見送ってください。あなたが側にいるだけで、どんなことも安らかに受け入れられます。そして、どうか、忘れないでください。私があなたを愛していることを。


「虹の橋」(原作者は不明)

天国のほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
飼い主と愛し合っていた動物は死ぬとそこに行き、幸せに満ちた生活を送ります。
そして、ある日、「特別な誰か」と再会します。
お互いの心から一日も消えることのなかったその瞳を確認し、一緒に虹の橋を渡ります。
生きているときに誰にも愛されなかった動物もそこでは奇跡が生まれます。
同じようにぽつんとたたずむ中から特別な人と出合い、そして一緒に虹の橋を渡るそうです。


IMG_5472.jpg


IMG_5473.jpg


IMG_5485.jpg


IMG_5478.jpg


IMG_5470.jpg


はいはーい!

これからも仲良くみんなで暮らして行こうね。

で、最期はみんなで一緒に「虹の橋」を渡れると良いね。

今まで、飼ってた犬のゴロやハムスターそして去年死んだ小太郎のことを思いだして、ちょっとしんみりしてしまいました。

「虹の橋」でみんな待っててくれるかな?

にっぴーずはブログランキングに参加しています。
よろしければ応援の1ポチをくださいませ。


(ここをクリックしてね。)
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIX白黒猫へ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かにいい話だ^^
ペットか…
わたしの場合めだかが待ってるのか?
ビミョー!!!
2007/08/27(Mon) 10:15 | URL  | kei #-[ 編集]
☆keiさん。
めだかだと、橋のたもとじゃなくて、川の中で泳いで待ってるのかな?
でもめだかさんが待っててくれるってのも、何だか良いよね。(*^_^*)
2007/08/27(Mon) 11:18 | URL  | こたろ #-[ 編集]
初めまして。
猫ブログランキングからやってきました。
こたろさんと同じく白黒ハチワレと暮らしています。
優太くんの白黒具合が、うちの猫とそっくり!だったので
思わずコメントしちゃいます。
優太君も花ちゃんもまんまるお目々でかわいいですね~。

「あたしの一生 /猫のダルシーの物語」も良いお話ですよ。
涙無しには読めませんが、よろしかったら是非~~。
また、遊びにきますね。
2007/08/27(Mon) 16:16 | URL  | オムスケ #z7Q/jT4k[ 編集]
☆オムスケさん。
初めまして。
来てくださってどうもありがとうございます。
素敵な本も紹介してくださってありがとうございます。
是非今度読んでみたいと思います。
2007/08/27(Mon) 16:30 | URL  | こたろ #-[ 編集]
待っててくれますよ。絶対に。
二人してまん丸になってしんみりしちゃって...。
可愛いったらありゃしない(#^_^#)
2007/08/27(Mon) 22:19 | URL  | HRM #nEx7PFYA[ 編集]
☆HRMさん。
HRMさんも影君やpunk君が待っててくれますね。
そう思うといずれは来る死の世界も穏やかな気持ちで迎えられそうですよね。
でもでもまだまだそうなるのはずーっと先だと思いたいですけど。
2007/08/28(Tue) 08:22 | URL  | こたろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。