ひょんなことから、家族の仲間入りをした黒白猫二匹との日々。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年01月23日 (水) | 編集 |
DSCF0338.jpg


そうそうそんなこともあったよね。

今診ていただいてる獣医さんに初めてお花ちゃんを連れて行ったとき

「あのう、先生この子お水飲むときゲボゲボいうんですけど?」

って聞いたら、

「あー。そうね。こういう『ブタっ鼻』の子はお水飲むの下手だよね。」

の一言で片付けられちゃいました。

それにしても

『ブタっ鼻』  って・・・。



DSCF0340.jpg



DSCF0311.jpg


(¨* )あのぉ…

お花ちゃんお話の途中で何なんですけど、ちっとも鼻筋が通ってるようには見えないんですが?



DSCF0393.jpg



DSCF0346.jpg



DSCF0389.jpg


o( ̄   _    ̄)o んー

確かに優太のあの顔は・・・。(←このあとは恐ろしくて言えない。)



ところで今読んでいる本がこちら





『ペネロピ』 です。

お金持ちで名家の一人娘「ペネロピ」は、先祖にかけられた魔女の呪いのために、生まれたときから鼻が豚の鼻。

この豚の鼻のせいで、世間から隠れるように育てられたペネロピ。

呪いを解くためには、ペネロピと同じ身分の人が彼女のありのままの姿を受け入れて永遠の愛を誓ってくれなければならない。

母親の勧めで何度もお見合いを繰り返すが、相手に素顔をさらした途端、悲鳴と共に逃げられ続ける。

そんなペネロピに幸せはやってくるのだろうか???

というお話で、現代のおとぎ話ですね。

設定が「美女と野獣」の逆なんだけど、このお話ではペネロピ自身が閉じこめられていた安全は我が家から、広い世界へと幸せを探しに飛び出して行くところが素敵だなって思います。

映画化もされているようで、公開が待ち遠しいです。

( ̄□ ̄;)ハッ!

もしかしてお花ちゃんの鼻も実は呪いがかけられているだけなのかも!

呪いが解けたら、優太みたいなきれいなピンク鼻になれるかもしれませんね。

o(〃'▽'〃)oあははっ♪




新潟地域ブログ 『鼻に黒ポチ 出張所』 にもどうぞお越しくださいませ!

にっぴーずはブログランキングに参加しています。
よろしければ応援の1ポチをくださいませ。

(ここをクリックしてね。)
 ↓  ↓  ↓
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お花ちゃん!
レディに対して『ブタっ鼻』はないよね。
しかし『ブタっ鼻』とは・・・・
(≧m≦)ぷっ!ヾ(ーー )ォィ 
2008/01/23(Wed) 10:03 | URL  | ゴット #-[ 編集]
『ブタっ鼻』って!!
笑っちゃいけないけど笑いが・・ププッ
あー!ごめんごめん!お花ちゃん怒らないで!!><
でもお花ちゃんとモモって似てるかも。。じゃ~モモも『ブタっ鼻』なのかしら。ククッ
素敵な本ですね。ちっちゃい頃は本が好きでよくおとぎ話を読んでいたなぁ。
最近はぜんぜん。。本を読む事って大事ですよね。
隣の図書館に本でも借り行ってみるかぁ~?!
2008/01/23(Wed) 12:30 | URL  | きのこ♀ #-[ 編集]
i-175お花ちゃんが 豚鼻??
i-280i-198
うちの ギャーコも そうなのかしら~i-198i-229
似てるだけに。。。(笑)
本猫には もちろん、、、コワくて言えないi-228i-201
鼻引っかかれちゃうから~i-197

ペネロピ おもしろそうですねi-175
映画もぜひ 見てみたいですi-189i-239
2008/01/23(Wed) 14:57 | URL  | ぶんた☆ #-[ 編集]
※お返しコメント
☆ゴットさん。
ヾ(ーー )ォィヾ(ーー )ォィ
ちと笑いすぎじゃないのぉ? ちつれいよ! by お花
o(〃'▽'〃)oあははっ♪

☆きのこ♀さん。
いやいや。
モモちゃんは決してブタっ鼻じゃないですよ。
ちゃんと顔に凹凸がありますもん。
その点お花は・・・。

☆ぶんたさん。
( ・_ ・)ん?ギャァコちゃん。
(¨* )あのぉ…
私も恐ろしくてギャァコちゃんには言えない・・・。

昨日この本読み終わりました。
なかなかメルヘンチックでナイスなエンディングでしたよ。
(*^_^*)
2008/01/23(Wed) 15:56 | URL  | こたろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。