ひょんなことから、家族の仲間入りをした黒白猫二匹との日々。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月19日 (月) | 編集 |
ここ数日すっかりご無沙汰のこたろです。

何てたって、雪は降るは、例の行事「百万遍」はあるはで、いつになく大忙しでブログの更新も、コメントへのお返事も出来ず、誠に申し訳御座いませんでした。


で、ついにその日がやって来たのですよ。

「百万遍」が

こたろ地方で、昔から続いている伝統行事。

今年は、こたろの住んでる地区の班が、この行事の仕切りの担当で、たまたま家が班長さんに当たっちゃってるものだから、事前の準備やら何やらで、少しの間大わらわしちゃいました。

実は、行事の後、直来でちょっとした飲み食いをするので、そのご馳走の準備のため、平日にも関わらず、前日から班の皆さんに集まってもらったりといろいろと大変でした。(私は前日には行きませんでしたが。)

当日は、私もちゃっかり会社を休んで、いざ 「百万遍」へ!


メインイベントの大数珠回し?が、始まる前に、お寺の総会やら、住職のお経やらの行事があって、お楽しみの大数珠が登場するまでには、1時間くらいかかりました。

で、その大数珠がどのくらいの大数珠かといいますと、

IMG_4975.jpg

このくらいの大きさ。

IMG_4977.jpg

もうちょっと寄ってみると、数珠ってわかるかな?


平日の授業の合間をぬって学校からやって来た子供達。

まずは、待ちくたびれた子供の部からスタート。

IMG_4992.jpg

数珠の回りにお行儀良く座って、「南無阿弥陀仏」と唱えながら、数珠をぐるぐる回して行きます。

IMG_5006.jpg

で、「南無阿弥陀仏」を唱える回数を数える為の、「たばね」が全部折られちゃったら、一斉に綱引きならぬ、数珠引っ張り開始!


「たばね」覚えてます?

これですよ。これ ↓

IMG_4793_20090119101355.jpg


IMG_5017.jpg

数珠の輪の中にいる人が、「たばね」を折りながら、「南無阿弥陀仏」の回数を数えていくんですけど、本当なら、「108回」数えるところを、適当に?この「たばね」を折っていって、この藁が全部折られた時が、数珠を引っ張る合図。

時々フェイントで、折る真似をしたり、折ったものを戻したりするので、これまた注意が必要なのですね。はい。

で、もう一つの「すり」の方は、回りの人にピッピとお水をかけて回るんです。

私も大人の部で、1回参加しましたが、回りで見てるよりも、中に混じって数珠引っ張る方が断然楽しい!

別に数珠引っ張りに勝ったからといって、特に何があるわけでも無さそうなのに、やたらとハイテンションでみんなもの凄く楽しそうです。(私もでしたが。)

これが終わると、子供達はお菓子をもらって再び学校へ戻り、大人達は当番の班が用意した、ご馳走を食べて解散。


準備やら後片付けやらと、いろいろと面倒なことが多くて、本当に大変だったけど、実際に行ってみると、思ったよりもずっと楽しい行事でした。

かといって、来年も行くって聞かれると、

o( ̄   _    ̄)o んー

って、思うけど、それでも何年かに一度くらいは、参加してみるのも悪くないなって思っちゃったりもして。

何はともあれ、無事に終わって良かった。良かった。

IMG_5089_20090119101402.jpg

(o・。・o)あっ!


ごめんごめん!

今日は、にっぴーずの出る幕無いわ。

IMG_5074_20090119101408.jpg

ホントにゴメンねぇ。

今度はちゃんと、あんたたちが主役の記事にするからね。

にっぴーずはブログランキングに参加しています。
よろしければ応援の1ポチをくださいませ。

(ここをクリックしてね。)
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ











スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れさまでした!!
昔ながらの行事なんですね~。
(本番よりも直来の方が大変そうですけれど)
でも、ちゃんと参加するってなかなか機会がないので、郷土の
勉強にもなられたのでは?
子供も参加できるっていうのが、地域密着という感じで
長年続いている秘訣なのでしょうかしらん。

これでようやく にっぴーずも、安心して甘えられるかな?
2009/01/19(Mon) 11:15 | URL  | MARIKO #-[ 編集]
お疲れ様でした!
へー。これが百万遍…

おもしれー!!やりてー!!
(失礼)
いいですねー、子どもも参加できる行事。
しかも大人にはご馳走つき!!ジュルリ。
いやー、でもお祭りって下準備とか裏方さんとかの方が大変なんですよね。
参加するだけのヤツに限って文句ばっかり垂れたり(-"-)
アラヤダ日頃の愚痴が。

でもこの『たばね』を折る係りになってみたい…!
そしてフェイントをかけまくってみたい。
『すり』で水かけまくるのもいいなぁ。
ビッシャンビッシャンかけたりして。
「なむあみだー!ワハハハー!!」
数珠引っ張りでもいいなぁ。
ガンガン引っ張ってオラオラーとかブン回したりして…

その後地域に住めなくなりそうだけど。
何はともあれ、無事に終わって良かったですね。
2009/01/19(Mon) 17:27 | URL  | kao #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。