ひょんなことから、家族の仲間入りをした黒白猫二匹との日々。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月26日 (月) | 編集 |
IMG_5207_20090126110622.jpg

昨日いつものように、こうして段ボール箱の中に入ってるお花を見てふと思い出したんですけどね。



優太 003


この写真、優太を家に連れてきた日に撮したんですけど、何か足り無くないですか?


優太 004

ねっ、気が付きました?

鼻の回りをよーく見てみると、普通より ヒゲが短い んです。


優太 019

でしょ?

優太を拾ってすぐに連れ行った獣医さんにも、

「あら?この子ヒゲが無い!もしかしてヒゲ切られちゃった?虐待されてたのかな?」

なーんて言われまして、

o(ToT;):アゥアゥアゥ

何て可哀想な子なんだ!

これからは大事にしてやらなくちゃ!

なんてことを、内心思っちゃったりしてたんですけど。



優太は最初小学生に拾われまして、その子猫を私がもらったワケなんですけど、その時の小学生の話だと、優太の他にももう一匹同じ色柄の子猫がいたって。

そう言われて、念のためその近辺を探してみたけど、もう一匹の子猫はどうしても見つからなかったんです。


で、その三日後、同じような場所で、今度はお花ちゃんと出会いました。

優太と同じような黒白柄の子猫。

こちらは、痩せ細って、もの凄い鳴き声をあげながらウロウロと歩き回ってました。

もしかして、この子猫があの時小学生が言ってた、もう一匹の子猫かも!

そう思うと見捨てることも出来ず、家では二匹も猫飼えないと解っていながらも、とりあえずお花ちゃんも家に連れて帰ることにしました。

優太 021

でもって、この子もよーく見ると、 ヒゲが短い。

…o(;-_-;)o ウーン


18.10.09 002

同じ色柄で、同じ大きさ、同じ場所で拾って、しかも 同じように ヒゲが短い!


これは、間違いなく、この二匹は兄妹でしょう! そうでしょう! そうに違いない!

しかも、この子達を捨てた人は、子猫のヒゲをちょん切るなんてことを、平気でできる残虐な人である!

と、勝手に思いこんでました。

ところが!


虐待されてたお家から、我が家にやって来て、こいつらのヒゲもどんどん伸びるはず!と思っていたのに。

181017 026
この写真は、家に来て2週間くらいの写真です。


一向に、二匹のヒゲが伸びる様子がない。

( ・_ ・)ん?

何でだ?


ふと、こいつらがじゃれ合ってる様子を観察してみると、何とこの二匹お互いがお互いのヒゲを噛み合って、切っちゃってるじゃないですか。ヒゲを!

ヒゲが無かった原因は、虐待じゃなくて、こいつらの自身のせい・・・。

まっ理由はどうあれ、ヒゲを切らないまでも、生後2~3ヶ月の子猫をそこら辺にポイッと捨てるだけでも、充分ひどい飼い主さんだとは思いますけども。

拾った当時も今も、優太と花が本当に兄妹なのか?と聞かれると、はっきりとした答えは出ませんが、多分あの時のヒゲの短さを思い出すと、少なくともこの二匹は一緒に育てられていたんじゃないかと思われるわけでして。

従って、あのヒゲの短さが、この二匹の兄妹の証なんじゃないかと、昨日お花の顔を見てつくづく思いました。

IMG_5221_20090126114308.jpg

IMG_5239_20090126114313.jpg

短かったヒゲも、今じゃこんなに立派なおヒゲになりました。


にっぴーずはブログランキングに参加しています。
よろしければ応援の1ポチをくださいませ。

(ここをクリックしてね。)
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
優太くん…お花ちゃん…。・゚・(ノД`)・゚・。
優しい人に巡りあえて良かったねぇ。
お花ちゃん…必死で探してたんだろうなぁ…ズー
おっといけねぇや、鼻水が垂れちまわぁ。

猫が出て行かないおまじないとして、ヒゲを切った…
みたいな話を聞いたことがあったような。
(スンマセン曖昧で)
ともあれ虐待ではなかったようで安心しました(;´Д`)≡3
やっぱり猫はピンと張ったヒゲが魅力的。
血の繋がりはどうあれ、今じゃ立派なファミリーですよね。

にっぴーずたち、もうヒゲをハゲさせちゃダメだよ~。
2009/01/26(Mon) 16:30 | URL  | kao #-[ 編集]
か・・・かわえぇ~~♪
今の にっぴーずも超かわいいけれど、やっぱり子猫の時は
特別ですね。
顔と性格は違っても、やはりどう考えても兄弟ニャンでしょうね~。
この大きさでほぼ同時にってことは、まずないでしょうし。
猫の神さまが「あっちに行って鳴いてれば、こたろさん、みtaroさん
という美人姉妹が飼ってくれるから、頑張って拾ってもらえ~」と。
「ただし、お花、お前はいい子だから時間差で行くんだぞ」ってね。
でも、こたろさんの髪の毛といい、ヒゲといい・・・猫の舌って
そんなにすごかったですっけ???
確かに舐められ続けると足や腕が真っ赤になりますけど(^◇^;)
2009/01/26(Mon) 18:19 | URL  | MARIKO #-[ 編集]
☆kaoさん。
お花は普段滅多に泣かないんですけど、1人でうろうろ彷徨ってるときはほんとに大きな声で泣いてたんです。
私は仕事だったので、丁度家にいた姉に迎えに来てもらったんですけど、家に向かう車の中でも家に着いてからも、とにかく必死で泣きながら姉にしがみついていたんだとか。
やっとこさ、このままこの家にいても良いんだと納得した頃に、ピタッと泣きやんで、それ以来余程のことが無い限り、泣かない子になりました。
日にちがずれて、家に来てくれたおかげで、二匹とも飼うことができるようになり、やはりこの子達は家で引き取る運命だったのかと、何やら縁のようなものをしみじみと感じました。
2009/01/27(Tue) 14:31 | URL  | こたろ #-[ 編集]
☆MARIKOさん。
全く仰るとおりで。
もしもあの時二匹一緒にうろうろしてたら、今頃二匹揃って飼うことは無かったと思います。
ほんの何日かずれて、巡り会えたおかげで、今こうして二匹揃って家の子になれたようなものです。
縁ってほんと不思議なものですよね。

あっそれと、優太と花のヒゲが無くなったのは、舌が鋭い所為じゃなくて、歯で噛み切るせいです。
同様に私の髪の毛も、優太の歯で噛み切られて段々と薄く・・・。
(´Д`ヽ)トホホ
2009/01/27(Tue) 14:34 | URL  | こたろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。