ひょんなことから、家族の仲間入りをした黒白猫二匹との日々。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年02月27日 (金) | 編集 |
自慢じゃないですけど、私今までケータイ小説といった物は全然読んだこと無かったんですよ。

ドラマ化されたり、映画化されたりした作品もたくさんあるみたいですけど、それらも全く観たことないです。

だからも本屋さんには良く行くんですけど、ケータイ小説が置かれてるコーナーには近付いたことも無かったんです。

ところが、先日何気にそのケータイ小説のコーナーを見てみると、あらびっくり!夏目漱石の「こころ」やら「坊っちゃん」なんかが置いてあるじゃないですか。

何でケータイ小説のコーナーに夏目漱石???と思いながら、手に取ってみると


ケータイ名作文学・坊っちゃん (ケータイ名作文学) (ケータイ名作文学)ケータイ名作文学・坊っちゃん (ケータイ名作文学) (ケータイ名作文学)
(2008/08/22)
夏目 漱石

商品詳細を見る

はいこちらが、その本でございます。

中味が全部 横書き じゃありませんか!!

いやー、これにはビックリしましたね。

自分でも相当年取ってるってのは、自覚してたつもりでしたが、夏目漱石の横書き本が出てるなんて思いもしなかったもんですから、なんだか一気にまた年くっちゃった気になりましたよ。

ってか、携帯とかで文章読み慣れちゃうと、本まで横書きの方が読みやすくなるもんなんでしょかね?


IMG_6017.jpg

もともと、携帯の画面はちっさくて、文字もパソコンみたいにサクサク打てないもんですから、携帯メールが苦手なんですけど、あのちっさい画面で物語を読めるなんて、今の子達はほんとたいしたもんだと思います。

それだけじゃなくて、携帯であーんなこともこーんなこともやっちゃうってすごいですよね。

もうおばちゃんついて行けないって感じですよ。

そこへ持ってきて、ついに書籍までもが横書きで、しかも文字が色つきですよ。色つき。

そのうち、国語の教科書まで横書きになっちゃうんじゃないかと、いならい心配までしちゃったりして。

IMG_6053_20090227105506.jpg


IMG_6057.jpg

お花ちゃんがどうして、トイレの前で待機してるのかはさっぱりわかりませんが、本屋にいって一気に年取った気になったこたろでした。

C=(-。- )フゥッ...

あれれ?

そういえば、ブログも横書きだったよ。

にっぴーずはブログランキングに参加しています。
よろしければ応援の1ポチをくださいませ。

(ここをクリックしてね。)
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
時間つぶしによくケータイで青空文庫など読んだりするので、横書きには慣れてたつもりですが…
携帯用青空文庫↓
http://iaozora.net/

名作文学まで横書きとは…
なんだか『本』を売るための大人の悪あがきって感じがしますな(-"-;)
でもまーこうやって名作に触れることはよいことでは。

本物(?)のケータイ小説、実際の本でもケータイ画面でもチャレンジしてみたことがありますが、アレはもうね…
なんつうか、異世界の住人っつうか…
読んだら頭が腐るっつうか…
リアル鬼ごっこも酷いもんだったしなぁ…
文章の支離滅裂さも楽しみのひとつなのでしょうか。

とか言いつつ昔の文庫本の活字が小さくて、そろそろ厳しく思う今日この頃(笑)
2009/02/27(Fri) 17:03 | URL  | kao #-[ 編集]
私も携帯メールが苦手で(打つのが面倒臭い)、受信メールを放置する最低人間です…。若いころは携帯が手放せなかったんですけど(笑)。今やなくてもいいんじゃないかという…。超小型パソコン安くなってるよな~。


ケータイ小説、瀬戸内寂聴さんが書いてて話題になりましたね。
私はいまだかつて読んだことも読もうとしたこともない…
横書きってなんか違和感ありますよね!?
日本語は縦書きだからこそ行間を読むとかしっくりくる気がするんですけど…。でも、kaoさんが言うとおり形態はどうあれ、名作が読まれるってことはいいことなのかな?
2009/02/27(Fri) 23:08 | URL  | chunzi #-[ 編集]
確かに、ブログも横書きだ~^^
手書きの世界には縦も横もあるのに、パソコンの世界はパソコンを離れても横書きオンリーがあるんですね~。
なんで本の中まで横書きなのかな・・
と考えますが、
BBSなんかの掲示板は顔文字とかも登場したり・・そこらへんで
BBSから本になったものはありのままを本にする。っていうのでリアルさも出るな~。と思ったことある~。
でも文字だけの本の場合はなんでなんだろ~?
花ちゃん気分的にトイレの前に居るのかな(笑)

越後姫、食いて~!!(爆)
2009/02/28(Sat) 09:11 | URL  | カオルンボ #JalddpaA[ 編集]
横書きの坊ちゃん・・
なんか新鮮かもですねぇ~。
日本の文芸を横書きで・・うーん。笑
私も携帯で文字を見るのが苦手なので
小説なんてとても・・汗
2009/03/02(Mon) 20:35 | URL  | あー #-[ 編集]
☆kaoさん。
同感です。
映画やドラマ化されたケータイ小説のあらすじを聞いただけで、もはや何が何やらさっぱりわかんなくなる今日この頃。
あの筋立てを携帯にちっちゃい画面で読むとなると、至難の技になると思われます。
昔の大映ドラマや韓流ドラマも真っ青な展開でスモンね。
┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・
2009/03/04(Wed) 14:36 | URL  | こたろ #-[ 編集]
☆chunziさん。
超小型パソコン安いですよねー。
私もちょっと惹かれる物が・・・。

瀬戸内寂聴さんもケータイ小説お書きなんですか。
失礼ですが、あのお年で未だにいろいろとチャレンジ精神をお持ちなのには脱帽ですよね。
一体どんな内容の小説なんでしょうか???ちょっと興味があります。

どんな形であれ、名作が読まれるのは良いことなのかもしれませんが、ヨコガキだとどうも中味が薄っぺらく思えてならないのは、やっぱり偏見ありすぎですかね?
2009/03/04(Wed) 14:39 | URL  | こたろ #-[ 編集]
☆カオルンボさん。
越後姫、まじでうんまいですよー。
( ̄ー ̄)ニヤ...

一昔前に流行った「電車男」も顔文字やらなんやらが、てんこ盛りの本でしたよね。
あれはあれで面白いと思うけど、いろんな感情とかを言葉でなく全部絵とか顔文字とかで表現してしまうのもどうかな?って思いますよね。
私達一般人はそれで良いと思うけど、やっぱり小説はプロの文章書きが書く物だから、ちゃんと文章で表現された物をあれこれ想像しながら読むってのも乙なもんだと思うのですが。
2009/03/04(Wed) 14:44 | URL  | こたろ #-[ 編集]
☆あーさん。
本屋さんで試しに、ペラペラめくってみたんですけど、文字に色が付いてて、文字と文字の行間も広くって、小説というよりは、詩集を読んでるような感じでした。
高校生の時の国語の教科書で読んだときは、もっと中味がぎゅっと詰まってるように感じたんですけど、ヨコガキだとちょっと雰囲気が違うような気もしました。気のせいだと思いますけどね。
2009/03/04(Wed) 14:47 | URL  | こたろ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。